So-net無料ブログ作成

オーベルジュ・ド・リル ナゴヤでピノノワールに酔いしてる [ランツヘール醸造所]

 アルザスの3つ星レストラン、オーベルジュ・ド・リル、、勿論行ったことはありませんが、
この3つ星レストランと平松とのコラボで、全国に先駆けて名古屋に誕生したグランドメゾン
 オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ。

間違い無く美味しいのですが、テーブルの配置などが今いち私とは意見が合わず、
2年くらい、行こうと思ったこともありませんでした。

ところが、あの震災以来突然訳のわからない企画でお値打ちなレストランメニューや、
格安での一流シティーホテルの宿泊の提供が有ったりします。

今回、お値打ちコースを某サイトで見つけ早速行って来ました。

2.jpgミッドランドスクエア42階、ここにはエノテカピンキオーリ、人形町今半、福臨門、吉兆
という全国区の有名店と、名古屋の寿司屋吉凰が並んでますが、たまには
行ってみたいと思う店はオーベルジュ・ド・リル ナゴヤだけです。

4.jpg

アッペリティフは、キール。

そして、アミューズ、、

5.jpg

何だったかははなっから覚えておりませんが、やはり、味はピカイチです。

7.jpg

前菜は、牛のコンソメジュレと根セロリの冷たいスープ、ズワイ蟹とつぶ貝のマセドワース。
見事な彩りです。

1人が牡蠣がダメで其れは言ってあるのですが、つぶ貝大丈夫かと聴かれ、あまり好きではないと
応えたら、

8.jpg

1人だけつぶ貝の代わりにサーモンで。直前でもしっかり対応してくれます。

6.jpg

一杯だけ白、何だったか忘れましたが、とっても美味しい白でした。


9.jpg

魚は真鯛のブランチャーポワレ、、プチトマトと浅蜊のタルト仕立て、ソースはバジリック。

10.jpg

赤ワインはジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ - ラ・ジブリオット ’06。
久々に美味しいピノを堪能しました。

スペシャリテ、

12.jpg

いろいろな部位を使った豚のひと皿。上にはフォアグラも乗っています。

最近のフレンチのステーキって気が利いていますね。

赤をもう少し、

13.jpg

アルジル・ルージュ マディラン’03。タナシュというブドウメインだそうですが、
あと1年もすれば多少は適切なコメントが出来るかと。。


14.jpg

デザートの前にチーズを少し。

15.jpg

ワインはポートワインを。 ROZES Vintage ’03。

16.jpg

プレデゼールたべて、

17.jpg

フランス産グリオットのムース、グラサージュショコラのボンボン、キルシュ香る
アイスクリーム添え。

久々のオーベルジュ・ド・リル、、さすがでした。

かつて白服だったウエイターさんが黒服になってました。いつかソムリエさんに
なった姿を見たいものです。

さて、今宵のビールは

マルール12.jpg

マルール12,名前通りアルコール12%。

高濃度ビールが多いベルギービールが多い中でも12%は最高級。
甘みが特徴的、多くのビールが三種類あればゴールド、ダーク、ゴールド
という色合いが多いのですが、マルールは一番アルコールが高い
トリプルにあたる12がダークブラウンでベールギービールの中では
ちょっと異色というのが、和つぃがマルール12に持ってる感想です。

マルール10.jpg

ちなみに、こちらは最近レンベークで飲んだマルール10樽生。

グラスがなかなかかっこよくて、、、結構好きなグラスです。

nice!(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 50

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。