So-net無料ブログ作成
検索選択

一宮まで遠征、食べログ人気のイタリアン、ゴッチャ・ポント(GOTCCIA PONTO)へ。 [ヴァン・スティーンベルグ醸造所]

 2月、焼き鳥ベルギービールのマリアージュで蒲郡へ遠征してから4ヶ月。
次の遠征の予定日が来ました。

食べログ人気で予約がなかなか取れないイタリアン、ゴッチャ・ポントへ。
顔ぶれはベルギービール繋がりとワイン繋がりの合体。

この顔ぶれは、焼き鳥とワインの夕べ以来2度目。チーム・エレガント
対抗して何かチーム名を作ろうと話題に出したら一瞬にして決定、、
チーム・ポナペティ だそうです、が、エレガントなチーム名とは思えないな~~(汗)。


2.jpg

入り口にはこのような張り紙が、、、、どうもこのままはがされないようです。

  暑かった週末、例によっでこちらから。

4.jpg

美味しそうですね。ビールの美味しい店はりょうりも美味しい、、、ここも
期待が高まります。

6.jpg

最初の前菜、

右、真つぶ貝とグレープフルーツのカルパッチョ、
左、マグレ鴨とフォアグラのクロスティーニ。

皆さんの顔が思わずほころびます。最初からいい仕事してます(^.^)。

泡から、

5.jpg


カミッロ・ドナーティ

7.jpg

8.jpg

2皿目、何せ8人のチーム、4人分づつもってあります。

右、三河一色産うなぎの炭火焼き。
中、ベーコンとタマネギのキッシュパイ。
左、ヒラメのソテー、網脂包み、胡瓜のソース

ワインは、

9.jpg

ラ・ビアンカーラ  ピコ’08

3皿目の前菜

11.jpg

サザエとキノコのオーブン焼き

ワインは、、

10.jpg

まるでロゼですが、れっきとした白。ビオワインと呼ばれるものは、こんな白が多いということを
認識。

フランクリコーネリッセン ムンjヘベルビアンコ4 ’07

4皿目の前菜、

11.jpg

トリッパとギアラのもつ煮込み。


ワインは赤へ。

13.jpg

サンタマリア ロッソディマンタルチーノ’07

一品目のプリモ

15.jpg

手打ちパスタキッタッリーノ、本土鹿の煮込みソース(ラグー)


14.jpg

ワインは豊富な在庫のようですが、グラスワインもこのように多数用意され、
2,3人で来たらグラスで何種類も楽しめます。

2本目の赤、

16.jpg

ラ・ヴィショラ  チェザディモンタルチーノ'07

二品目のプリモ

17.jpg

イカスミのリゾット 炭火であぶったアオリイカを据えて。
グロと白とのコントラスト、

どれも食べてもみんな満足です。

メインにはフルボディの赤を、、

19.jpg

マッサヴェッキア  ロザート’05


そしてセコンド  

20.jpg

但馬牛熟成肉のロースト 熟成肉のメンチカツを添えて


結局6人でビール一杯と、泡1本、白2本、赤3本、、、飲み方は随分
エレガントです(笑)。


ドルチェは

21.jpg

甘夏のブッティーノ、、私はエスプレッソと。。


これで料理は5000円ですから、コスパ抜群です。

強いて言えば遠いこと、場所がわかりにくく、タクシーの運チャンに
地図渡しても店を知らない人では目印がなさ過ぎて簡単には
たどり着け無いことが難点ではあります。





さて、今宵のビールは、ホワイトビール生みの親とも言える、今年亡くなったピエールセリス氏を
偲んで(と言うほどの事でもないですが)、セリスホワイト、、瓶。

セリスホワイト.jpg


一度、蟹江時代のレンベークで飲んだ樽生をアップしたことがありますが、今宵は瓶です。
ピエールセリス氏はかのヒューガルテンホワイト生みの親。ピエールセリス氏と
ヒューガルテンホワイトの逸話は、有名な話、、興味があったら調べてみて下さい。
アルコール5%。ヒューガルテンホワイトと飲み比べると感慨深い者があります。



nice!(49)  トラックバック(0) 

nice! 49

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。