So-net無料ブログ作成
検索選択

新栄 マルコンソールで暑気払い [地ビール長野]

 暑気払いが続きます。
 フォアグラが美味しかったときいて早速行って来ました。名古屋の中心栄から
地下鉄で東へ1駅、新栄 マルコンソール

この日は朝から5分も休憩時間なくみっちり働いて、終わりがけには駐車場で一騒ぎ、
走り回って片づいたら、バス停にいた患者さんがタクシー呼んでくれ、、これでまた
走り回り、やっとタクシーに乗ったら気分悪くなり、、この先一抹の不安が(苦笑)。

1.jpg



 
 この日は、泡を飲むとまた気分悪くなりそうで、ブドウも麦も泡は無し。

遅れていったので、店の雰囲気を画像で伝えられなくて残念。

カウンターのみ10席、カウンターは透明な2段のクリスタルガラス?、、
なかなかかっこいいです、これが。

白はプィィ・ヒュメ Landrat-Guyollot 2009 La Rambarde


前菜 一皿目

2.jpg

真ん中の白い物、ホワイトアス
パラではありません。ソーセージとフタイユの前菜。

当たり前の前菜じゃないところにオーナーシェフのこだわりを感じました。

ちなみにシェフ1人ですべてをこなしていらっしゃいます。
故に料理も1コースのみ(ちなみに、シェフ、誰かに似てるな~~と
思っていましたが、今解りました、ジャパネット高田のあの社長に
何となくにていらっしゃったような)。

前菜2皿目

3.jpg

フォアグラのポワレ、焦がしたポワローのサラダ。
フォアグラ好きにはたまらない一品。

4.jpg

シャルドネを、シャサーニュ・モンラッシェ 2006 / ドメーヌ・フォンテーヌ・ガニャール

5.jpg

こちらがハウスボトルのシャルドネ、、。
 
ミュンツェンリーダー・トロッケン。オーストリーのシャルドネ、この色合い、
ビフワインの様ですが、、、?。

6.jpg

愛媛 八幡浜の真鯛、、エピスのソースにシャンパンビネガーの酸。

7.jpg

赤ワイン、私はピノを。ブルゴーニュ・ル・マスワール・デ・ドウモアセル。

Wは、

8.jpg

ボルドー、カベルネソービニオン主体。

9.jpg

左が明らかに赤みが淡いですね。
もち、左がピノです。

メインは、

10.jpg

私は、鴨(シャラン、ビュルゴー、エトフェ)のロティ  そのジュのレディクション、ルバーク、
トウモロコシ、サマートリフ。

メインのもう一つが、

11.jpg

子羊のノワゼット、 ピスタチオソース  ラベンダーとエストラゴンの香る野菜のキャセロール。

シェフよりこの夜初めてききました、四つ足にはカベルネ・ソービニオン、
2つ足にはピノノワールだそうです。ワイン好きには常識ですか???

私は2つ足専門で頼まないと(笑)。



そしてチーズもコースに入ってます。

12.jpg

ミモレット、左回りに、白カビの、、、??、、、シェーブルのロンド・ド・ラ・ヴァレ・ヂュ・シェール、
ブルーは???。


13.jpg

ワインをこれだけに余分に1杯は飲めます。

デザートは、三種類。

14.jpg

桃のソルベ?にシャンパーニュをその場で注いで、、。

とっても美味しい(^.^)。

15.jpg


う~~ん、これ何のアイスクリームだっかか。


16.jpg

そしてこれも謎。

中にあるのは、

17.jpg

チョコレートでコーティングされてますが、中はフォアグラの?・。
とにかくフォアグラです。注いである液体は酒精強化ワイン。、

18.jpg

これです。甘いデザートワイン変わりです。

私は、一度に好きになりました。

口数は決して多くないど、真摯な仕事ぶりとその腕前、嫌みのない
料理やワインへのこだわり、等々、是非また行きたくなる店でした。

シェフ1人でやっていらっしゃる店、1日2組しか予約を取らないと
言う噂もあり、予約必須です。






今宵のビールは南信州ビール、季節限定IPA.

DSC03424 (2).JPG

インディアペールエール、、近頃はホップのよく効いたやたら苦いIPAが地ビールの世界では
はやりです。
nice!(58)  トラックバック(0) 

nice! 58

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。