So-net無料ブログ作成
地ビール群馬 ブログトップ

MAJESTIC 西麻布  [地ビール群馬]

 ラ・ボンバンスで西麻布の和食を堪能した後。、西麻布の夜の街をぶらぶら、私の嗅覚に
任せるといわれて選んだ店は、裏通り、トロピカルな看板は出てるものの、怪しげなエントランスが
地下へと続くやや危険な香りのバー。

23.jpg

もし、ほんとにお暇ならどうぞ。。。。


nice!(67)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

草津高原ビールはどうなった? [地ビール群馬]

 いやはや、いろんな事が一度に起こるものです。夏休みあけで一気に
いろんな会合などが続いたのに加えて、医会のHP作りを任されたり、
新たなアンチエイジングのテクニックのセミナーに出席したり(いつかここで
記事にしたいと思っていますが)、子供がそれぞれ事件を引き起こしてくれたり
(大事には至らずでやれやれですが)、20数年ぶりの旧交を温めたり、、
記事のアップやコメントはおろか、ブロクを開くのさえままならぬ状態でした。

不義理をどうかご容赦下さい(^_^;)。

KHB.jpg

お暇ならどうぞ。。


aroundばやりに思うこと、、。 [地ビール群馬]

テレビドラマの影響からか、世の中ちょっとしたaroundばやりのような気がします。
ちょっと前にaround40と思ったら、気がつけばもうaround50(underかoverかは
スルーしますが)。このブログのHPにも書きましたが、50からUターンするつもりで、
遣りたいことをし残して、飲みたい酒を飲まないで、食べたいものを食べないで、
会いたい人に会えないで、、、、こういう後悔しないよう日々あえいでいます。

人生を悟って、心穏やかに静かな時間を過ごす日々はとうていおくれそうに
ありません。


around40.jpg

お暇ならどうぞ。


nice!(49)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地元情報誌ケリーに、愛犬ファニーが載った~~~ [地ビール群馬]

 名古屋を中心に主に東海三県を対象とした、フリーペーパーではない
タウン情報誌が2誌あります。
その一つ KeLLy 9月号に 我が家のお気楽コーギーファニーの写真が
載りました。


KeLLy (ケリー) 2008年 06月号 [雑誌]

KeLLy (ケリー) 2008年 06月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ゲイン
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: 雑誌



お暇ならどうぞ。。


nice!(62)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春恒例の社中展   [地ビール群馬]

 4月半ばのことです。
 私が習ってる書の先生の大人のお弟子さんだけの書展が名古屋市東部 
昭和美術館で開催されました。

先生が還暦を迎えられた時に始まったこの書展も今年で8回目、年とともに
作品が洗練されバラエティーも豊かになってきました。
萌2.jpg

もしお暇ならどうぞ。。


nice!(50)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の日、父の日、それぞれの風景 [地ビール群馬]

 今年も無事、母の日も父の日も終了、いろんな家庭の風景をあちこちのブログでかいま見ました。

 エビでタイを釣る、、息子しかいない我が家、「父の日は去年でなくなったんだろう」などと、
うそぶく息子から何かをゲットできるなどとなはから思っていませんが、母親にはなかなか女心
をくすぐらせそうなものをちゃんと母の日の合わせて用意しています。
 
 その原資がどこから出たかはともかくとして、今年も「エビでタイを釣る」魂胆が見え見えでした(笑)

バラの鉢植え、かなり日にちが過ぎてから写しましたので、花がもう萎れかけていますが
母の日当日はなかなか綺麗、知り合いの花屋さんに頼んでおいてちょっとギズ物を毎年
格安で買ってくるのだそうだけど、母親はこのバラを見てむろん大喜び。

今年私が感心したのが、これです。



モエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル・ロゼ。
受験生が買ってくる物ではないでしょうに(苦笑)。しかも、白のモエは外では時々飲みますが、
ロゼは最後に飲んだの何時だろうと思うくらい。
バラにシャンパン、我が息子ながら何処でこんな物を買うことを覚えたのかと、しばし感心して
おりました。

 その後、どんな鯛が釣れたのか、これから釣る予定なのか、知りませんが、母親が
その気でいるのは確実でしょう。

 そして一ヶ月後、帰宅すると「オヤジ、これ」と、小さなアクセサリーが入ってるような小袋を
くれました。中から何が出てきたか。

心を穏やかにしてくれる石でできたブレスレッドだそうな(汗)。
きょうびの若い男の考える事は理解を超えてます。父の日にブレスレッド、、まあ、身につける
ことはあまりないでしょうけど、「父の日は無くなった」と言ってた息子がくれたのですから、
感謝、感謝です。

我が家で一番世話かけられてる住人はごらんのごとく
お気楽でいいな~~。

 さて、今夜のビールは 軽井沢ビール 2006年のシーズナルビール、スコティッシュエール。
説明によりますと、「スコッチウイスキーに使うピート(泥炭)で燻された麦芽を少し加え、
ほのかにスモーキーな香りが漂うのがこのビールの最大の特徴。」だそうです。


まったりしたこくがあります。


オスカー・デラホーヤVSフロイド・メイウエザー [地ビール群馬]

 毎回一貫性のない記事ばかりですが、きょうは格闘技を。
 
GW最後の雨の日曜、アメリカ ラスベガスの世界有数の巨大なホテルMGMグランドのアリーナで、
全世界注目の一戦が行われました。
ゴールデンボーイ オスカー・デラホーヤ 対 スピードボーイ フロイド・メイウエザー

 MGMグランドのアリーナは1997年にマイク・タイソンがイベンダー・ホリフィールドの耳に噛み
ついて失格した試合も行われたタイトルマッチのメッカ。16500席リングサイド24万円が発売
3時間で完売されたことからもどのくらい注目を集めてたかが解ります。全世界170カ国以上に
中継、ファイトマネーは最低保障でデラホーヤ 30億円、メイウエザー 12億円。

このファイトマネーの差がどうしてかは解りませんが、一つは一応スーパーウエルター級
チャンピオン デラホーヤにウエルター級チャンピオン メイウエザーが挑戦するという形を
取ってること、今世界一強いと思われてるメイウエザーをもってしてもデラ・ホーヤはそれを
上回るスーパースターだということでしょう。

 ボクシングの有名人と言えばモハメド・アリ。今まで印象に残る試合を一つあげるなら
このアリがアフリカのキンシャサで当時のチャンピオン ジョージ・フォアマンに挑戦した
試合ですが、きょうの試合はこの試合なみに注目されてる試合です。当時、アリを
応援はしたものの、アリはすでにピークを過ぎていてほとんどの人がフォアマンがKOで
勝つと思っていました。それほどフォアマンは無敵のチャンピオンでした。
そのフォアマンを,こうするしか勝てないという試合運びでノックアウトして、アリは伝説の
チャンピオンとなりました。

今回、デラホーヤファンとしては、その時のアリとと同じようにピークを過ぎた
デラホーヤでは、勝ち目は少なさそうで、キンシャサの再現を密かに期待
しておりました。

英雄 オスカー・デラホーヤ。6階級制覇して、俳優並みの甘いマスク、今や
プロモーターとしても大成功を収めたスーパースターですが、34歳で、5年くらい前が
全盛期。メイウェザーは今世界一強いチャンピオンはと言えばメイウエザーとおそらく
誰もが答える4階級制覇のスーパースター。今が絶頂期30歳、無敗のチャンピオン。

この二人の二人の試合を見たいと思う反面、ピークが少しずれてますので、
デラ・ホーヤファンとしてはやってほしくない面もあり複雑でした。
だいたい、フォアマンに挑戦したアリとは違い、デラ・ホーヤはすでにチャンピオン
なんだから今更メイウェザーとは闘わないだろうと思っていました。
 実現しないと思った試合、見たくもあり、みたく無いとも思った試合。それがきょう
ゴングでした。しかし、スーパースター、ゴールデンボーイのプライドが逃げることを
潔しとしなかったようです。

 結果は、メイウェザーの判定勝ち。やっぱりとはいえ、デラ・ホーヤが予想以上に
メイウェザーのスピードに適応してあわや勝つかと思うような、思わず熱くなるような
試合でした。ますますデラ・ホーヤびいきが増えたのではないかと思います。
きょうはまだその余韻が残っています。

スピードとテクニック、両方を兼ね備えた選手同士の試合はすばらしい。
それに引き替え、日本の某チャンピオン。それを盲目的に利益だけで応援する
某テレビ局。格闘技ファンはみんな嘆いていますよ。

 およそソネブロには不似合いな話題かもしれませんが、ご容赦下さい。

 で、きょうのビールは
  軽井沢の定番地ピール 軽井沢高原ビール ワイルドフォレスト
 アルコール5.5%。軽井沢のようにすっきりしたのどごしとしっかりした風味。


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
地ビール群馬 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。