So-net無料ブログ作成
検索選択
ワイン ブログトップ

オーケストラ! [ワイン]

 「私の小さなピアノスト」、「幻影師 アイゲンハイム」、以来、2年に一度くらい
映画話題


期待して観て、予想通り共感、感動すれば嬉しいです。期待したけど、それほどでもなかったら、
時間が勿体なかったと悔やんだりもします。

映画を観て至福のひとときを得る瞬間、全然期待もせず時間つぶしのつもりで観たら、
感動した時、、、今まさにその瞬間。

きょうは、GWに行くつもりが犬の世話係が都合悪くて行けなかったタイの雰囲気を
少しくらい味わおうと、栄久屋大通公園一帯で開催されるタイフェスティバルに行く予定でした。

ところがこの大雨。

あきらめて、午後からデッキに録画したままになっていたフランス映画「オーケストラ」
を暇つぶしに見始めました。





私は感動しました。音楽好きじゃなくてもこれはきっと感動すると思います。


オケ1.jpg

コメディータッチでスタートするのに、、ラスト15分では涙が出てきてしまいました。

oke2.jpg

チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトを聴いてこんなに感動したことは初めてです。
ネタバレになりますが、最後15分のバイオリンコンチェルト聴くだけでも幸せな
気分になります。

おけ3.jpg

我が家の女帝様は映画館で観たそうで、私が見始めた頃は「1人の時に観ろ、、」
等と文句を言ってましたが、途中からしっかり映画に浸っていました。

公開時観られた人も大勢いらっしゃるとは思いますが、観てない多数の皆様に
是非観ていただいて感動を共有したいです。

こんな時は、ビールと言うよりワインがお似合いかも。

1.jpg

てんとうむしさんのブログで何度か観て行きたいな~~と思ってた
ヴィラデストガーデンファームワイナリーのワイン。

2年ほど前に、やはりてんとうむしさんのブログを見て行ったという
ワイン好き友よりいただいた ヴィラデスト・メルロー タザワヴィンヤード2008。
1/256。

これがまた映画の後の感動に浸るにはぴったりです。ビールの神様、怒ってるかも
知れませんが(笑)。

今週そのヴィラデストガーデンファームワイナリーへ行ってくるかも知れません。

数年ぶりにカテゴリーがワインになりました。

2007 ボジョレー その前に和食の すみや さん [ワイン]

先週末、あるセミナー出席のため上京、前々日の飲み過ぎのまま秋冷えの東京の夜を
満喫しすぎて、久しぶりに本格的な風邪をひき今週ずっと身体はふらふら声はほとんど
出ずという状態で、更新も随分間が空いてしまいました(m_m)。

アップしたい出来事は数ありますが、余り旬が落ちない記事からアップしたいと思います。
11月第3木曜日はご存じ(って、関心無い人の方が多いのかも知れませんが)ボジョレー
解禁の日。

続きを読む


 クリスマス・イブ [ワイン]

 今夜はクリスマス・イブ、何事もなく過ぎ去ろうとしています。平和なクリスマスイブは久しぶりのような、、。一昨年は22日に左足首を骨折、イブはほとんど動けず、昨年は21日に転居し、イブはとても夕食を自宅で食べられる様な状況ではなく近くのうどん屋で家族そろってイブの夜(これはこれでおしゃれのような気がしましたが、予想通り貸し切り状態)。今年は自宅で普通に時間が過ぎています。

 何事もなく過ぎていく日常がいかに幸せなのか、時々自分でそう思い自分を納得させていますが(^_^;)、今夜は何となく実感しています。出来れば、Mー1グランプリで笑い飯が優勝してほしかったのですが、、。

 こちらへ転居してクリスマスが近づくとともに、転居前と現在の周辺に大きな違いを感じています。どちらの住居環境(たぶん生活レベルも)もさほど変わらないと思うのですが、こちらでは周辺の家々が綺麗にイルミネーションでライトアップされています。ファニーの散歩で転居前も夜な夜な夜る歩いていましたが、つい立ち止まるようなイルミネーションは見た覚えがありません。奥さん曰く、こちらの方が世代が若いんじゃあ、、と言いますが、余り説得力は有りません。

こんな家があちらこちらに。

ついでに東山タワーも(フォーカス甘くてすいません)

今夜は珍しくワインを。金曜日に名駅前のバー、立礼(りゅうれい)のWさんがわざわざ持ってきてくれたボジョレー、ラブレ・ロア。今年5本飲んだボジョレーではピカイチで、ネットなどで探すも同じワインは無し。。先日そう話したら限定もので市販はされていないそうな。おいしかったのにな~~、、と話しておいた成果があったようです(笑)。

今夜は飲んでしまいましたので立礼で飲んだときの写真を。

 あと3日半仕事して、2回忘年会に出ると今年も終了。年末も押し詰まってくると不思議に1年の疲れがたまってきたように感じます。あと数日、老体にむち打って(苦笑)頑張らねば。。


2006 ボジョレーヌーボー [ワイン]

 今年もボジョレーヌーボーの解禁日がやってきました。ワインには余りこだわりは有りませんが、白は付き合いでしか飲まず個人的に飲むワインは赤ばかり。そう言う意味では味にもこだわり無い僕にはボジョレーはちょうどお手頃、極東の利を生かして世界でボジョレーを一番早く飲めるお祭りに参加するもの楽しみの一つです。

 16日木曜日、解禁日には今年も紙音へ。例年何も言わなくても勝手に割り当てされていますが今年もそうでした。三輪さんが用意してくれるのは これも例年のごとく マダム REROY(ルロア)のルロワ・ヴィラージュ・プルムール

今年も常連Tちゃんと一緒に飲みましたが「今年のボジョレーは?」という話題には 「????」、毎年答えは同じ、去年の味なんか覚えちゃいない(^_^;)。可も無し、不可も無しというところじゃないでしょうか。三輪さんもこれはこの時 始めて飲んで「今年のはしっかりしてますね」と言ってはおりましたが。

この日はいい調子でその後アイリッシュパブへ。名古屋では今まで飲めなかったキルケニー、バスペールエールの樽だし生ビールを堪能。

本来は今年のボジョレーはこれで終わるはずでしたが、数日前某病院の友人より「17日外来でボジョレー飲みにいくから暇ならこない?」

 誘われれば忙しくても行かねばねぇ(^_^;)。で、翌日は 名駅前 INA BARへ。稲葉さんがオーナーマスターというわかりやすい店。ここでは ジョウルジュ・ヴィラージュ・テュブッフをいただきました。

 

ここでは「昨日飲んだボジョレーと比べたらどう?」なんて聞かれましたが、昨日の味なんて覚えていません(^_^;)。そうしてる間に電話、翌18日土曜日は午後ちょっとした皮膚科の勉強会がある予定でしたが、その後飲みに行かないかというお誘い。誘われたら行かなきゃ、付き合い悪いと思われても嫌ですので(笑)。

 ということで、、やむなく、、翌日もボジョレーを味わうことに。18日土曜日はやはり名駅前のbar、「立礼(りゅうれい)」。ここはマスターが患者さんで以前からの知り合い。飲んだボジョレーは、ラブレ・ロワ・ボジョレー・ビラージュ・ヌーボー

 

 これは先に飲んだ2本より随分まろやかな感じがしましたが、どれが一番おいしいかと考えても答えは出ず。それぞれにおいしくいただけました。

ワインとともに、3日間おいしいチーズもたくさん食べ、きょうは一日粗食に耐えながら休息です。

 後は自宅でもう一度くらい飲むかな~~。


ワイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。