So-net無料ブログ作成
検索選択
野次馬経済 ブログトップ

サンがグーグルと提携か? [野次馬経済]

 購入資金が出来るまで上がらないように、上がらないようにと思っていたサンマイクロシステムズの株価グーグルとの提携でついに上昇してしまいそうスコットマクナリーがこのままポシャッてしまうとはとうてい思えず、低価格サーバー、ソラリスのオープンソース化などそろそろ買い足そうかと思ってたら円安基調、少し待ってたら今度はグーグル、3ドル台にはもう戻らないかも。

 次を探そうか、、っても、サン以上の上昇を期待できるハイテクはしらないし、、。悩むところです。

 

 


amazon.com [野次馬経済]

 ももう何年も前から、ぼけ防止のためアメリカ経済に興味を持つようになりました。アメリカの経営者で好きな人、サン・マイクロシステムのCEO スコット・マクナリー氏、AOLのもとCEOスティーブ・ケース氏、そしてアマゾンドットコムのジェフ・ベゾス氏。サンはITバブルの崩壊から未だ立ち直れず株価は低迷、ワーナーを事実上吸収合併しマイクロソフトを抜いて資産世界一の会社にすると豪語していたスティーブ・ケースは、ブロードバンドに乗り遅れたつけや不祥事の責任をとらされて解任、唯一頑張っているアマゾンですが、アメリカのアナリストが成長に危機感をあおるようなコメントを発表して、株が下がっています。

 この3人を好きな理由は、サンとAOLは巨人マイクロソフトに正面勝負をし、ベソスさんは、何年たっても莫大な赤字を垂れ流し、ネット商店というビジネスモデル自体を否定するようなコメントが相次いでも、驚異的なリーダーシップで乗り切り、ネット専業小売りというモデルが間違ってなかった事を証明した事です。

 専門家がなんと言おうと、アマゾンが成長しなければネット小売り自体間違っている事にもなりかねず、是非アナリスト達を再びぎゃふんと言わせて欲しいものです。ベゾスガンバレ。。

 左足は相変わらず、ギブスをとったら左足首はまるで手羽先のように骨と皮だけ、これで歩けるようになるのか一抹の不安があります。

 カナダの知人よりハイウエーからとったカナディアンロッキーのはずれの写真を送ってきました。カナダへスキーにいきたいのに、この足では、、、(T_T)


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
野次馬経済 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。